小さな子がいても気を遣わないアメリカ

PR| ソーシャルビッグデータを活用 | 病院のブランディングで経営改善 | マーケティングとブランディングを一体化 | 会社を良くするブランディングセミナー| レンタルオフィスを外苑前にするメリット |

ロサンゼルスに短期留学した時に時に知ったのですが、アメリカにこれから住まれる方、特に、小さなお子さんがいる方にとっては、この国はよいと思われることがあります。

それは、どこかに食べに行く際、どこでも赤ちゃんや小さい子に対しての対策がとられているので、いちいち子供がいても問題ないレストランかどうかということをチェックしなくてよいのです。

日本の場合、子供たちを連れてママ友たちと集まる場合、子供たちが遊べるような場所があったり、子供たちがいても迷惑にならないような場所を一生懸命ネットの口コミを見たりして調べますよね。
ですが、アメリカではそんなことをする必要はありません。

基本的に、レストランに行けば、ハイチェアーやブースター(レストランの席におけるジュニアシートのようなもの)が用意されているのは、ほぼ100%の確率でそろっています。

それに、子供たちがうるさくしたって、一般的なレストランであれば、全く問題なく、店員さんたちがやってきて、あやしてくれたり、子供のために無料でジュースやお菓子を提供してくれるなんていう所もあります。

それ以外に、子供がいるということがわかれば、クレヨンと塗り絵を提供してくれるところも多く、子供たちに対してとてもフレンドリーです。

子供用のメニューに関しては、日本と比べれば、「え、こんなものが出るの」という感じがしますが(例えば、ハムサンドと書いてあれば、本当にパンにハムが挟まっているものだけが出てきます)、親が注文したメニューとシェアすれば、それを補うこともできます。

日本では、どうしても子供がいると、周りの人のことを考えて、子供フレンドリーな場所を一生懸命探してしまいがちです。
しかし、アメリカでは、店員さんだけがフレンドリーなのではなく、周りにいるお客さんも、子供たちが騒いだら一緒になってあやしてくれたり、「ああ、かわいいわ」というようなことを絶対行ってくれるので、いつの間にか子供も泣き止んでくれたりと、非常に子供に対して誰もがフレンドリーです。

PR|健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣お家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報工務店向け集客ノウハウ英語上達の秘訣AGAでお悩み解決エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報会社経営に必要な知恵袋