ルームメイトのローラ

私が留学していたアーカンソーは、自然豊かな所でした。キャンパスにはアルマジロやリス,野ウサギが暮らしていてい、夏には近くの池のほとりに沢山の蛍が飛んでいました。到着した冬には枯れ木ばかりでしたが、春になると爆発したように花が咲き始め、葉っぱが出てきたりする様子が、日本とはスケールが違うなと感じました。人もおっとりしていて、親切な人が多かったです。私のルームメイトは4つ年下のローラ。音楽を勉強している学生でした。家族と相談して、日本人の私をルームメイトにすることを決めたのだと話してくれました。

 

ある日の週末、彼女が大学がある場所よりさらに田舎にある、彼女の家に連れて行ってくれた時、家族みんなが歓迎してくれたことを覚えています。隣の家はずっと先におばあちゃんに家があるだけ。ローラは学校に行かず、ホームスクールで勉強をしたと話してくれました。彼女はピアノがとても上手でしたが、先生に習わず、祖母に教えてもらったと話してくれました。妹や弟も、彼女のお母さんやおばあちゃんから勉強を教わっていました。彼らは心がとても豊かになる教育をお母さんから学んでいました。私が育った生活環境とは全く違うものでしたので、アメリカ留学生活をブログにアップするのが楽しみでした。