学ぶ環境によって身に着く英語が異なる

アメリカのロサンゼルスに語学留学する際、気をつけなければならないことは、地域によって英語のアクセントがかなり異なっていることです。アメリカは移民大国です。ヨーロッパや南米、アフリカ諸国など様々な国からの移民そその子孫で成り立っている国といっても言い過ぎではありません。

 

そういう移民たちは自分達の祖国出身者がたくさん集まる地域に住んでいることが多く、そういうエリアを語学留学先に選択すると訛りのある英語が身についてしまうかもしれません。

 

もちろん英語はアメリカ国内に関わらず、イギリス英語やオーストラリア英語など使われる国によってアクセントは変わってくるのですが、自分がどのような英語を身につけたいのかによって、留学先を決めることも大事になってきます。

 

賢い選択肢はアカデミックイングリッシュを身に着けることでしょう。有名大学や大学院などの付属の語学留学コースでは、なまりのほとんどないアカデミックイングリッシュを学びます。

 

それはエッセイや論文を書いたりする際に役立つだけでなく、将来就職する際にもとても強い味方になってくれるばずです